白水川ダム

2018/07/06

3/28、山形県東根市、白水川ダムに行ってきました。
4回目。(→1,2,3)


f:id:kazu_ma634:20150728203721j:image:w400
f:id:kazu_ma634:20150728203722j:image:w400
放流中。


f:id:kazu_ma634:20150728203723j:image:h400
堤体からの放流と発電所からの放流のクロスが良さげ。


f:id:kazu_ma634:20150728203724j:image:w400
ダムを後ろから。


f:id:kazu_ma634:20150728203725j:image:w400
ダム湖。

こけし

2018/07/06

f:id:hibi-mae:20160512110043j:plain

詳しくは分からないけど、こけしって奥が深そうです。

写真のこの方は「おしんこけし」と言うんだとか。

5泊6日で台湾に行ってきました

f:id:buchineko_okawari:20170723230914j:plain

早めの夏季休暇が取れたので、5泊6日の旅程にて台湾へ行ってきました。前回台湾に行ったのは多分10年くらい前。街もだいぶ変わっていることでしょう。

羽田空港国際線ターミナルから台北松山空港へ

f:id:buchineko_okawari:20170723204127j:plain

旅の始まりは羽田空港国際線ターミナル。台北には羽田から行ける便もあり、都内の自宅からも近くて助かりました。久々に行った羽田国際線ターミナルは全体的にキラキラしていた。麺修行をしている関係で、空港内でラーメンを食べてから出発です。

 

f:id:buchineko_okawari:20170723204347j:plain

フライトは中華航空(China Airline)、台湾の航空会社です。行きの飛行機から台湾気分を盛り上げていく作戦。

www.china-airlines.com

f:id:buchineko_okawari:20170723204402j:plain

到着は台北松山機場(空港)。こじんまりした空港ですが、出入国や搭乗手続がスムーズなこと、市内から近いことがとてもよい。今回も空港からホテルまで、タクシーで15分ほどでした。

台湾ではまだ現金しか使えない場所も多く、また両替のレートは空港の両替所がよいと聞いたので、ここで旅で使いそうな現金の換金をしました。1(台湾)元=約4円くらいのレートでした。

最初のホテルは、誠品行旅(Eslite hotel)

f:id:buchineko_okawari:20170723213005j:plain

前半の3泊は松山文創園區のすぐ裏にある誠品行旅(Eslite hotel)に宿泊しました。誠品書店の系列で、まだ新しいモダンなホテル。すぐ隣には誠品書店系列の百貨店もあります。

 

f:id:buchineko_okawari:20170723210113j:plain

入ってすぐのロビーが圧巻。書店系列のホテルなので、壁一面の本棚にみっちりと書籍が飾られています。ライティングも美しい。ストックホルムで見た「世界一美しい図書館」に雰囲気が似ている気がします。

buchineko-okawari.hatenablog.com

f:id:buchineko_okawari:20170723210509j:plain

ウェルカムドリンクはロビーにて、レモネードにチョコチップクッキーとナッツの入ったビスコッティ。この時点では旅の計画がまだ全然決まっていなかったので、とりあえず、夜ご飯をどうするか相談しました(決まらなかった。)。

 

f:id:buchineko_okawari:20170723211516j:plain

このホテルは設備が新しくて快適な上に、居心地がとてもよい。これはエレベーターホールですが、すっきりして落ち着いた雰囲気でした。壁にかけられた昔の台湾の写真のセレクトも素晴らしい。

 

f:id:buchineko_okawari:20170723211212j:plain

客室です。デラックスツインだった気がする。清潔で広々している。家具もセンスがよい。

 

f:id:buchineko_okawari:20170723211219j:plain

なによりもシャワールームとは別に広いバスタブがついていて、ゆっくりと湯船に浸かることができる水回りが最高。アメニティはロクシタンでした。

 

f:id:buchineko_okawari:20170723211310j:plain

客室のテラスからの風景。マウンテンビューだそうで、おそらく遠くに見える山を望むという意味かと思われます。高速道路が近いので若干騒がしいのですが、古びた町並みと電車の停車場まで見えるこの風景は個人的には最高だったので興奮して何枚も写真を撮影しました。

 

f:id:buchineko_okawari:20170723212448j:plain

なお、お部屋は「パークビュー」を選ぶこともでき、その場合は裏にある松山文創園區が見えることになる。こちらも建築中のビルの上にクレーンが何台もいて、甲乙つけがたい。ホテルに静けさを求める方はパークビューのほうがいいと思う。

 

f:id:buchineko_okawari:20170723220925j:plain

今回は夜市や街のレストランでご飯を食べたので結局一度も利用できませんでしたが、メインダイニングもおしゃれな雰囲気でなかなかすてきでした。

このホテルの短所をあえて挙げるとすると、最寄りの駅から少し遠いこと(徒歩10分ほど)、また台北駅からも遠いこと。

台北市内をバリバリ観光するには向きませんが、周辺は静かで環境もよいので、のんびりと滞在するには最高のホテルだと思います。わたしも台湾に来ることがあればまた泊まりたい。

信義區をぶらぶら散歩

f:id:buchineko_okawari:20170723213625j:plain

時刻はすでに午後6時近く。今日は到着した日でもあり前日までのあれこれで疲れてもいたので、とりあえず付近を散歩してご飯でも食べることにしました。裏手にある松山文創園區の建物を横目に、台北101ビルを目指して出発です。

 

f:id:buchineko_okawari:20170723213934j:plain

振り返ると、明かりの灯りはじめたホテルと百貨店。

 

f:id:buchineko_okawari:20170723213841j:plain

遊歩道の木々の向こうには、めちゃくちゃ趣のある建物が。期待が高まります。

 

f:id:buchineko_okawari:20170723214154j:plain

久々に訪れた台北の街は、記憶していたよりもだいぶ近代化して清潔になっていました。夕方ということもあり、交通量は多め。交通ルールは割とファジーですが、危険は感じませんでした。治安も地域によりますが、かなりよい感じ。

 

f:id:buchineko_okawari:20170723215236j:plain

しばらく歩くと、前方に見えてきたのは超高層ビルの台北101。遠くからも見つけやすく、日が暮れるとライトアップがかっこいい。

 

f:id:buchineko_okawari:20170723215015j:plain

建物の低層階部分には、高級ブティックの他にZARAなどのファストファッションも揃い、いわゆるショッピングモールになっていました。有料で展望台に登ることもできます(それほど興味がないので登らなかった。)。

 

f:id:buchineko_okawari:20170723215022j:plain

右側は新光三越。きらびやかな百貨店が連なっていて、日本で言うところの銀座や丸の内と言った風情でした。

 

f:id:buchineko_okawari:20170723215949j:plain

百貨店「微風信義」の一角にあるのが、台湾のブルワリー「臺虎精釀 TAIHU BREWING」の運営するスタンディングバー。完全に外なのですが、その生ぬるい空気の中で飲むビールが、異国に来ているんだな〜という気分を盛り上げてくれてよかった。

www.taihubrewing.com

f:id:buchineko_okawari:20170723220003j:plain

メニューです。キャッシュオン方式で、No.2、4、15が「Our Beer」とおすすめされたので、とりあえず、No.2と15を頼んでみました。

 

 

f:id:buchineko_okawari:20170723220018j:plain

右側の黒ビール(No.15)はチョコレートのような香ばしい後味。左側のほう(No.2)は今まで飲んだビールの中で一番奇妙な味がしました。これは本当にビールなのか??? みなさんも実際に飲んで確かめてみてほしい。オリジナルのグラスがとてもすてきですね。

前日までの疲れか長距離移動の疲労か、ビールを飲んだらお腹が空いてもう動けない気分になってきたので、すぐ近くにあった鼎泰豐に入りました。

新光三越の地下にあるフードコート的な店舗は、地元の仕事帰り風の人やデート風の人が多く、観光客はほとんどいなくて割と空いていた。でも日本語メニューがあるので、注文はめちゃくちゃ簡単。

 

f:id:buchineko_okawari:20170723220035j:plain

とりあえず台湾ビール、そして、小籠包を普通のと蟹の二種類。

 

f:id:buchineko_okawari:20170723220048j:plain

海老入りワンタンの辣油和え。おいしかったので、これは今度作ると決めた。

 

f:id:buchineko_okawari:20170723220104j:plain

製麺修行をしていることを思い出して、担々麺も食べました。八角と花椒の利いたスパイシーでシンプルな構成の麺。他に酸辣湯も頼んで満腹。おいしかった。

d.rt-c.co.jp

一日目はここまで。翌日は台北の街をふらふらと観光する模様をお送りする予定です。

Twitterのまとめ

togetter.com

参考にしたガイドブック

BRUTUS(ブルータス) 2017年 8/1号[台湾で見る、買う、食べる、101のこと。]

BRUTUS(ブルータス) 2017年 8/1号[台湾で見る、買う、食べる、101のこと。]

  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2017/07/15
  • メディア: 雑誌
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 
トリコガイド 台湾 2017-2018 (エイムック)

トリコガイド 台湾 2017-2018 (エイムック)

  • 出版社/メーカー: エイ出版社
  • 発売日: 2017/02/23
  • メディア: ムック
  • この商品を含むブログを見る
 

過去の旅行記

buchineko-okawari.hatenablog.com

buchineko-okawari.hatenablog.com

buchineko-okawari.hatenablog.com

buchineko-okawari.hatenablog.com

buchineko-okawari.hatenablog.com

 

 

僕のクラフトビールひとり飲みももう何回目になったのかよくわからなくなってきました。飲みに行ってばかりいるので書くのが追いつきません。

それでも書くのは写真付きで飲んだビールの感想が残せるから。

クラフトビールにハマってからは飲んでいる時にEvernoteにその都度感想を書いているのですが、写真と一緒にしていないのでブログにしてはじめて完成形になるという僕のクラフトビール記録。

誰得?もちろん僕得なんですけど、読んでくれた人がクラフトビールやビアバーなどに少しでも興味を持ってくれたり、気になるビールを見つけてくれたりするといいなって気持ちも半分くらいあります。半分かよ。

 

ひとり飲みをするようになって行きつけのお店が三軒ほどできました。

その中でも一番通っているのがここ「CRAFT BEER BABY!(クラフトビアベイビー)」なんじゃないかな。通勤で毎日店の前を通っているのとお店の雰囲気が好きでついついスーッと引き込まれてしまいます。

f:id:kun-maa:20160809181439j:plain

 

この日は軽く2~3杯で帰ろうと心に決めていつものカウンター席へ。いつも同じことを思っているんだけどね。

まず1杯目はキィウィIPA(秋田あくらビール)。今回はこれを目当てに来たようもの。

f:id:kun-maa:20160809175454j:plain

名前にキィウィと入ってますが、キウイフルーツを使用しているわけではなく、ニュージーランド(キィウィ)産の2種類のホップを使用している季節限定ビール。

柑橘系のふわっとしたアロマとIPAらしいしっかりとした苦味。特に口に含んでからのフレーバーもスッキリ爽やかなIPAです。ボディはとても軽くて飲みやすく、苦味も口に残りません。最後にかすかに残る酸味も後味のスッキリさのアクセントになっていて美味しいIPAでした。

 

おつまみは大好きなアボカドとチーズのフリット。以前食べてからずっと食べたかったのを我慢して他のおつまみを試していたのですがいよいよ我慢できなくなりました。

アボカドもチーズも熱々のところをパプリカ塩で食べるのですが、ビールの苦みにどちらもまったりとした味わいのフリットがよく合ってとても美味しいのです。

f:id:kun-maa:20160809180705j:plain

 

IPAと合わせるのが僕は好きです。前回は箕面のW-IPAと一緒に食べたのですが、やっぱり美味しかった。苦さと旨味って相性いいと思う。

今回は揚げてもらっているうちにIPAを飲み終わってしまい、写真はすでに2杯目の箕面ビールのピルスナーなんですけどね。

f:id:kun-maa:20160809180936j:plain

このピルスナーはとてもスッキリと飲みやすい。日本の大手のビールに慣れているからやっぱりピルスナーは定番って感じの安心感がありますよね。苦味も爽やかで後味スッキリなので、もちろんアボカドとチーズのフリットにも合います。っていうかなんでも合うと思います。そんな感じの爽やかなラガービールです。

 

気がつけばもう3杯目。前回途中で樽を撃ち抜いてしまい少ししか飲めなかったハワイのビッグスウェルIPAが入っていたのでそりゃ注文しちゃうよね。しょうがないよね。

f:id:kun-maa:20160809183029j:plain

これが期待を裏切らない美味しさ。柑橘系のアロマをはじめとしてトロピカルフルーツみたいな南国系フルーツのフレーバーが心地いいです。いかにもホップを多用したアメリカンIPAらしい風味。苦味もしっかりとあるんだけど、飲んだ後にほんのりとモルトの甘味も感じる楽しいIPA。僕は好きですね。

 

これで終わりにしようかと思ったのですが、まだサンクトガーレンのブラウンポーターって飲んだことがなかった気がしてつい4杯目。

意志の弱さなら負けません。美味しければいいのです。

f:id:kun-maa:20160809185840j:plain

焦がしたモルトの焙煎香がとてもいいです。ちょっとチョコレートっぽい風味が顔をのぞかせる瞬間があってじっくり味わいたくなります。苦味は抑えめな感じでボディも軽く飲みやすいポーターだと思います。あまり重た目のポーターやスタウトは飲まないのですが、これなら好きかも。

 

なんとなくこのポーターに合いそうな気がして、ささみ鶏のたまり醤油漬け焼きを注文。しっかりとたまり醤油に漬け込まれたささみはしっとりとしてとても美味しい。

わさびと合わせるともうたまらん美味しさでブラウンポーターにもぴったり。

f:id:kun-maa:20160809191018j:plain

 

ビールがよく進みます。そしてご飯もほしくなりました。

クラフトビアベイビーってビールだけじゃなくて、ちょっとしたおつまみがびっくりするくらい美味しいところも好きなんだよなあ。

f:id:kun-maa:20160809191045j:plain

 

この美味しいおつまみが少し残ってしまったので、せっかくだからと言い訳しながら5杯目。アウトサイダーブルーイングのベルジャン・ホワイト。

f:id:kun-maa:20160809192929j:plain

白ビールなんだけど、白ビール独特の香りはそれほど強くありません。どちらかというとフルーティーなアロマが強めの飲みやすい白ビールです。濁りも少なめで透明感が強く、酸味が思ったよりも効いていてそれが爽やかさにスパイスを加えているような感じ。これを最後に持ってくると気持ちが落ち着いて帰れるようなやさしいビール。

 

今回も新しいビールとの出会いがあって、じっくりと楽しむことができました。同じビールでも樽によって印象が違ったりということもあり、なかなか奥深いクラフトビールの世界は僕を飽きさせません。

素晴らしき哉クラフトビール!

クラフトビアベイビー

関連ランキング:ビアバー | 浦和駅

別冊Discover Japan (ディスカバージャパン) 美味しいクラフトビールの本 (エイムック 3424)

別冊Discover Japan (ディスカバージャパン) 美味しいクラフトビールの本 (エイムック 3424)

  • 出版社/メーカー: エイ出版社
  • 発売日: 2016/06/23
  • メディア: ムック
  • この商品を含むブログを見る
 
ビール語辞典: ビールにまつわる言葉をイラストと豆知識でごくっと読み解く

ビール語辞典: ビールにまつわる言葉をイラストと豆知識でごくっと読み解く

  • 作者: リース恵実,瀬尾裕樹子
  • 出版社/メーカー: 誠文堂新光社
  • 発売日: 2016/06/17
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly

きらきら♪

2018/07/06

夜露が葉っぱに付き、キラキラ

DSC_6898

 

 

↓↓いつもポチありがとうございます。
皆様のポチで励みになります^^

 

多肉集めてみた
 ↓
今更のようにハマる
 ↓
今度は色んな色が欲しくなる
 ↓
週末探してみるか

DSC_9479

やっぱグリーンがあると違いますね
癒やされるといううか
涼しいですね

DSC_9456

 

多肉だけでは寂しかったんで
シンゴニュームとアジアンタム・ペルビアナムも一緒に

DSC_9473

 

今回多肉植物の撮影にあたり
クローズアップレンズNo.3をゲットした
結構寄れる
いつかはマクロレンズを♫

暑い夏を切り撮っていこう

 

ランキングに参加しています。ポチ応援嬉しいです!
 

おはようございます。

 

このあいだケーキを買ったお店を紹介します。

 

恵比寿にある『パティスリーレザネフォール』です。

lesanneesfolles.jp

 

恵比寿駅から徒歩10分くらいのところにあるお店です。

 

お店にあったケーキはどれも可愛くて、本当はホールケーキにプレートつけて誕生日っぽくしたかったけど、お腹がいっぱいだったので、小さいケーキを2つと、

クグロフを購入。

 

ケーキは、 

ピスタッシュグリオット

ミルフィユオフレーズ  です。

 f:id:wr0528:20170201100550j:plain

 ケーキだけの写真がなかった・・・泣

 

ピスタチオのケーキって珍しいですよね。

ケーキの下にはチョコクランチのさくさくクッキーがひいてあります。

中はピスタチオのムースとショコラムースが絶妙でした。

ピスタチオ好きにはたまりません。

 

いちごのミルフィーユは、

サクサクなパイ生地と甘すぎないカスタード、大きなイチゴが中に入っていました。

お皿についたカスタードまで綺麗に食べてしまったほど美味しかったです。

 

 

クグロフは、

こんなにしっとりしてていいのぉ~?っていうぐらいしっとりしていました。

一口食べたら止まらなくなって、二人でパクパク食べちゃいました。w

 

 f:id:wr0528:20170201100619j:plain

あ~今思い出すだけでもまた食べたいなぁ。とよだれがでてきちゃいます。w

 

このお店、ケーキ以外も焼き菓子などたくさん売っていて、

どれも入れ物が可愛いんです♡

 

クッキーとか

f:id:wr0528:20170201100021j:plain

 

焼き菓子詰め合わせとか(入れ物が本の形♡♡)

f:id:wr0528:20170201100126j:plain

 

他にもいろいろあって、見ているだけで楽しかったです。

 

手土産とかで持っていったらオシャレだな。と思いました。

結婚式の引き出物にもいいかも~♡

(引き出物やウェディングケーキのオーダーも受け付けているようです。)

 

かなりお気に入りのケーキ屋さんになりました。

恵比寿に行く際はぜひ。

 

私も早くまた行きたいな~次はなに買おうかな~と思ってます。

こどものうた

2018/07/03

マッキーの「つま先立ちで(笑)」が収録されている模様。

こどものうた [DVD]
こどものうた [DVD]
posted with amazlet at 09.03.04
ポニーキャニオン (2009-03-18)
売り上げランキング: 18209


うお、初めて見た><

いつまでこんな場所でくだ巻いてんだ?よくもまあ素面でそんな女々しい言葉が吐けるな!このウスノロ!

 

 

今日は最低な1日だった。

上司はいないし、先輩は休みだし、仕事は少ないし、何もかも最高の条件が揃っていたにも関わらず、何故お前の心には空洞が開いているような気がしてて、その間をひゅうひゅうと風が吹き抜けていると錯覚してるんだ?

克服しただのなんだの言ってはみたものの、本質的にはまだお前は絶望の淵に立っているじゃないか。一体何を克服したんだよ!

 

まてよ、落ち着けって。

もう克服したってば!だから今日の意味不明の喪失感も理解できてる。

俺はどうやら、健全に創作を行えないと支障をきたすような体になっているらしく、

この抑うつ状態は体内にエネルギーが未消化のまま残っていることを意味する。

これを発散する方法さえ獲得できれば、おれは幸せになれるんだ。そしてそれは毎日の絵の連勝雨の延長線上に有る.....

 

 

健全な健全なうるせェよ!

で、目的地は?お前はお前の考えたやり方でそうして、最終的にどこへ辿り着こうっていうんだ?というか、お前のやり方で本当に夢が叶うのか?

 

 

夢ってなんだよ、俺の夢ってなんなんだよ。

 

知らない。けど今日見たガッズィーラ!が全て吹き飛ばしてくれたじゃん

庵野秀明総監督!同僚との口約束を振り切ってフライングで見に来て大正解!

映画が現実を超える一瞬、俺のアンコントロールな負のスパイラルの価値観の転倒!

俺はこの一瞬のために映画を見ているのだ!

 

なあ?くだらねー打算や価値観なんて抜きにしようぜ。

お前はこの映画を見て感覚的に理解ったじゃないか!

いくら言葉並べ立てて自分の進む方向を操作しようとしても、この種の衝動がついてこなければ意味がないんだよ!

 

 

願わくばこのヒステリックな自罰癖を、なんでもできないような気がしてくる自主的な閉塞感を、ガッズィーラの熱線が映画のように粉々に、跡形もなく粉砕して、瓦礫と死体と山からスクラップ・アンド・ビルドで幸福を再生することはできないだろうか。

 

今のこの興奮と感動を、俺の本質とすることはできるだろうか?

 

 

血界戦線の最終巻とハイスコア・ガール6巻が1156円

シン・ゴジラの映画代が1800円

パンフと色々買って1798円

閉めて大体5000円。オイオイ、いくら不安な日だからって金使いすぎじゃないか?

 

といって俺はまた不安になる。

 

 

 

じゃあさっさとエロい絵でも描いてDLsite.comで売って稼げばいいじゃない?

そして俺は内心それができるって思ってるじゃない?

 

なぜやらないかって、単純に「なんでもできないような気がする感覚」のせいなんじゃないの?

 

 

 

 

嗚呼全く、クソうぜーよな全く、

早く死ねばいいんだ、(お前の中にある)世界も、(お前の中にある)人類も

一匹残らず瓦礫になればいいんだ

 

 

 

あ、タイトルの石原さとみ発音の「ガッズィーラ!」

よくよく思い出してみたら平野啓一郎「文明の憂鬱」の中のサブタイトル。

 

 

 

 

 

 

 

2016年5月21日
【評価:4.6/5.0】
 
【一言】
これもやっぱり新海流の「距離」の結果かな。
綺麗に、丁寧に話を繋いでた!
 
 
『不完全な世界で交わした 彼女と僕の優しい約束』
彼女と彼女の猫 - Everything Flows -

 

目次

  • 【STORY】
  •  【詳細】
  • 【感想】

 

 
 

【STORY】

日本を代表するアニメーター新海誠の初作品である短編「彼女と彼女の猫」(1999年) を4話構成の新作としてリブートした「彼女と彼女の猫- Everything Flowers -」に新規カットを加え一本にまとめた完全版。

 
 優しく、弱く、綺麗な"彼女"と黒猫の"僕"の物語。
 
 

 【詳細】

監督:坂本一也
制作:ライデンフィルム
原作:新海誠
OP:硝子の瞳 (歌:花澤香菜)
ED:ソナタ (歌:クラムボン)
上映時間:27分
日本公開:2016年5月21日
新海誠ポータルサイト:

www.shinkaiworks.com

HP:

「彼女と彼女の猫 -Everything Flows-」



1999年 新海誠監督ver
 

【感想】


 アニメーション監督の中でも特に大好きな新海誠監督が一番最初に制作した作品のリブート(?)。


 27分前後のアニメーションですが良いです!5分間の新海版を見て少しでも良さを感じたならこれは見るべきです!
 
 新海監督といえばやはり「距離」を丁寧に描く方。今作も監督こそ違えどそこは意識していたよう。
 随分と優しい感じに仕上がっていました。この点については自分の中で賛成反対の2つがあるので後ほど。
 
 しっかりと原作(新海版)を意識した、リスペクトしたつくりになっていたのが良かったし、見ていて嬉しかった!
 
 特にSec.4の後に挿入されたあのシーンが最高に良かった!
 あぁ、猫を飼いたい。
 
 
 
 実はTV放送していたらしいのですが、知らず完全版を劇場上映することから今作のことを知りました。ただ下北沢の映画館でしか上映していない…………と絶望しかけていたら、なんと既にネットレンタルが!即レンタルです(笑)
 
 この作品を見るに当たって、まずYouTubeで公開されている新海版を見ました。で、今作を見て…………もう一度新海版を見ました。
 
 
 
 

 新海作品で書くべきは『距離』でしょう。心の距離、時間的距離、物理的距離………。これが中心にあるテーマだと思います。
 
 で、新海版「彼女と彼女の猫」も、今作「彼女と彼女の猫 EF」も例外ではないでしょう。ただそれはここで書くべきではないでしょうから、自分で見て感じてください。
 新海版、EFともに軸に据えている部分が変わらないが凄いなぁと。

 
 
 

 随分と優しい感じに仕上がっていたのが良かったし、悪かったです。
 
 良かった点としては「見やすい」と「気持ちいい」の2点ですね。明るめで万人向けというか、物語として楽しめるというか。また気持ちが落ち込むということもないですから後味が良いですよね。
 
 一方で、悪い部分しては「心がギュッと締る感じ」、「爽やかな後味の悪さ」といった自分が新海監督作品に感じている"良さ"が消えてしまっている気がしたのが残念でした。新海版では5分ながらもしっかりと描いていたと感じたのでさらに残念です。

 
 
 

 ……と上で軽く批判したものの、しっかりと新海版を意識したつくりだったのはもちろん好評価!
 特に猫や彼女のセリフ。新海版で聴いた、読んだセリフをしっかりと使っていたのが良かったです。「あ、このセリフは!」っていう驚きと喜びがありますからね。

 
 
 

 で、何が1番良かったかって、『Sec.4の後に挿入されたシーン』ですよ!マジで、これは素晴らしい!!!
 Sec.4が終わって、「あれ?これって…」となり、「え、マジで!?」と驚き、「おぉ〜!素晴らしい!」と感激しました。

 
 
【関連リンク】
予告
1999年新海版「彼女と彼女の猫」

youtu.be

 
新海誠サイト「Other Voices」

Other voices-遠い声- » 「彼女と彼女の猫」

新海版「かのねこ」情報サイト

Other voices -遠い声-