以下の極端な記事をハゲックスさんの記事を経由して読みました。

  • 非モテ人間が考えた「美人が多い会社」を作るための5つのメソッド | 株式会社LIG
  • ブッコメークしたこと[性][仕事]派遣でコンパニオンさんを雇えばいいのじゃないだろうか。倫理観を激しく疑う。こんな感覚で企業ブログを書いていいのだろうか。

女性とも関わるであろう会社が、こんなことを書いてて大丈夫か?と思いますが、知ったのは、以下の記事でした。

  • LIGの「美人が多い会社の作り方」がゲス過ぎてハゲ子ビックリ - Hagex-day info


そして、きっとブコメはGJ!みたいなコメントが集まっているだろうと、思うと、以下のブコメが印象的でした。以下は引用です。

id:yoheishinadaさんのブックマーク。

なんで美人って書くと女性蔑視になるの?イケメンって書くと男性蔑視なの?

はてなブックマーク - LIGの「美人が多い会社の作り方」がゲス過ぎてハゲ子ビックリ - Hagex-day info

これに対する答えはハゲ子さんの記事にもあると思います。以下は、引用です。

この記事は「美人サイコー」とはっきり書いており、裏を返せば「ブスは死ね」という素敵な主張をしております。

つまりは、「死ね」までいかなくても、美人を集めるということは、ブスを排除していることだよな…と。無論、こうは書かれてないですが、世の中に発せられるモノとしては、言葉の裏も想定する必要があるでしょう。

例えば、美人じゃなくて『高学歴』などに例えると分かりやすいかも知れません。ただ、会社の場合は学歴で選考することは、美人ほど非難されるものじゃないかもしれませんが…。

女性蔑視という意味では、本人の努力では評価できない要素を含んだ価値観を、唯一の評価基準のようにしてしまう辺りが、女性蔑視でしょうか。『美人』は大丈夫。でも、『美人を集める』はNGだと思います。

ただ、演劇や芸能などの特殊な仕事、接客、接待を含む仕事において、一般的な価値観と照らしあわせて選考するのは、この限りではないように思えます。